Top >  教育ローンについて >  教育ローンと財形貯蓄

スポンサードリンク

教育ローンと財形貯蓄

子供の教育にかかるお金は年々増える一方で、サラリーマンの収入は増える見込みがないのが現実です。家計を切りつめるだけでは足りない教育費を用意すれば良いでしょう。教育資金をつくる一つの手段として、教育ローンがあります。教育ローンは金融機関でしたら、だいたい扱っています。教育ローンがあります。がくゆうローンをご存じですか?がくゆうローンとは、財形貯蓄をしている方に、財形貯蓄の残高に応じて進学資金、就学資金を融資してくれる制度です。財形貯蓄は、サラリーマンの方が、毎月の給料から天引きで積み立てる「勤労者財形形成貯蓄」(通称「財形貯蓄」)と言われるものです。対象となる資金は、入学金や就学に学費の他にも、受験料や受験のためにかかる旅費にも使えて、便利です。融資額は、財形貯蓄の残高の5倍以内になります。実際の所要額以内です。




スポンサードリンク

 <  前の記事 教育ローンとこども保険  |  トップページ  |  次の記事 金利優遇期間に教育ローンを使う  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20607

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。