Top >  教育ローンについて >  教育ローンは低金利のものを

スポンサードリンク

教育ローンは低金利のものを

子供の教育費は家計に重くのしかかります。子供の進学先によっては、ライフプランの変更を余儀なくされるかもしれません。
教育ローンを賢く使って子供の大学卒業までの学費を乗り切りましょう。

教育ローンを利用するとき、気になるのは金利です。
低金利で融資を受けることができる「国の教育ローン」には教育一般貸付、郵貯貸付、年金教育貸付と教育ローンがあります。
条件はありません。
学費に使うことはできません。
担保は要りませんが連帯保証人が必要です。
保証人が居なければ、財団法人教育資金融資保証基金の保証を受けることになります。融資を受けるには、教育積立郵便貯金をしていることと、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構のあっせんを受けられることが条件です。場合は、教育一般貸付のような年間給与の上限はありません。融資を受けるには、厚生年金保険または加入期間が被保険者であり、独立行政法人福祉医療機構のあっせんを受けられることが条件です。条件等は、教育一般貸付と同じになります。教育ローンとくらべると、かなり少額になります。場合は、教育ローンと併用することもできます。




スポンサードリンク

 <  前の記事 金利優遇期間に教育ローンを使う  |  トップページ  |  次の記事 教育ローンと奨学金  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20609

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。