Top >  教育ローンについて >  国の教育ローン

スポンサードリンク

国の教育ローン

子供の教育費の実体調査によりますと、子供1人にかかる教育費は高校の3年で約350万円、また、大学に入るとなると、高校入学から大学卒業までに約1,040万円にもなるそうです。下宿をするとなると、それ以上の負担となります。最近は子供の数が減ったとはいえ、1人にこれほどの教育費を家計から捻出するのは大変なことでしょう。そこで、教育費の助けとなるいろいろな制度を利用することを視野に入れてみてはどうでしょう。教育費の助けとなるものは奨学金や学資保険、教育ローンなどがあります。金利は平成19年12月12日の時点で、年2.5%と低金利です。融資金は、子供の入学金や授業料は下宿に費用、教科書代など、学業にかかるさまざまな用途に使えます。それぞれに、貸付の条件がありますので、該当されるかどうかを調べる必要があります。




スポンサードリンク

 <  前の記事 教育ローンと奨学金  |  トップページ  |  次の記事 労働金庫の教育ローン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20611

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。