Top >  教育ローンの種類 >  銀行系の教育ローンはトク?

スポンサードリンク

銀行系の教育ローンはトク?

子供を育てるのにかかる養育費は家計に重くのしかかります。子供一人に掛かる金額は3,000万円とも言われています。学費は少しは楽かもしれませんが、その為の塾通いの費用も馬鹿になりません。大学に進学できるくらいの学費は用意してあげたいものです。大抵が無担保ですし、保証人もいりません。有担保型ですと、金利が低めになり、融資額が大きく、融資期間が長くなります。職業では残念ながら融資を受けるのは難しいようです。学費は、幼稚園から教育費や、受験費用、留学費用まで幅広く対象になっています。返済期間は5年から10年くらいですが、たいていの教育ローンは子供の在学期間中は金利返済のみにして元金返済を据え置くことができます。金利は固定型金利と変動型金利が選べるものや、最初から変動型金利と決まっているものがあります。比較サイトなどを利用し、いろいろ比較してみるとよいでしょう。




スポンサードリンク

 <  前の記事 労働金庫の教育ローン  |  トップページ  |  次の記事 郵便局の教育ローン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20613

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。