Top >  教育ローンの種類 >  郵便局の教育ローン

スポンサードリンク

郵便局の教育ローン

子供の教育費のために教育ローンを考えるとしたら、まず、「国の教育ローン」から検討してみましょう。ゆうちょ銀行や郵便局(簡易郵便局は除く)が扱っている「郵貯貸付」、そして、「年金教育貸付」です。ゆうちょ銀行と郵便局で扱っている郵貯貸付は、教育積立郵便貯金の預金者が対象です。教育積立貯金というのは、郵便貯金の一種で、教育資金を準備する目的の積立です。金額を1年から間、積み立てます。積立の上限は200万円までです。あっせんにより、その積立額と同額まで貸付を受けられるのです。上限は生徒1人につき最大200万円までとなっていますが、積立金の金額によりますので、積立金が100万円でしたら融資も100万円ということになります。教育資金を準備することができますが、融資を受けるには200万円を積み立てなければなりません。郵貯貸付は、教育一般貸付のような、年収の上限などの融資資格の制限はありません。ゆうちょ銀行、簡易郵便局以外の郵便局の窓口でお問い合せください。




スポンサードリンク

 <  前の記事 銀行系の教育ローンはトク?  |  トップページ  |  次の記事 教育ローンの金利  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/20614

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。