Top >  教育関連読本 >  バークレー先生のADHDのすべて

バークレー先生のADHDのすべて

バークレー先生のADHDのすべて
山田 寛
バークレー先生のADHDのすべて
定価: ¥ 2,940
販売価格: ¥ 2,940
人気ランキング: 138251位
おすすめ度:
発売日: 2000-06
発売元: ヴォイス
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
バークレー先生のADHDのすべての詳細を見る

バークレー先生のADHDのすべてはわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
バークレー先生のADHDのすべてはこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

バークレー先生のADHDのすべては読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないのでバークレー先生のADHDのすべてのような本が合うのではないでしょうか?

バークレー先生のADHDのすべてを読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

バークレー先生のADHDのすべては自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、バークレー先生のADHDのすべてを私はオススメします。あなたの生活にバークレー先生のADHDのすべてはきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

ADHD(注意欠陥多動性障害)とは、注意力がない、落ち着きがない、抑制力が不足しているなど、主に子どもに見られる行動障害を指す。しかし、日本での認知度は低く、単に行儀が悪い子どもとして見捨てられるケースも多い。著者はADHD研究の先進国アメリカでも屈指の専門家。本書はADHDの子どもを持つ親や教師のために懇切丁寧なアドバイスを与える実用書だが、啓蒙書の役目も果たしている。 「ADHDを引き受けて立ち向かう」では、親が積極的に専門家の知識を利用し、子どもの責任者としていかにあるべきかを説く。ただでさえ、子どもの扱いに悩みながら生活しているのに「親のしつけが悪いから」などと責められる親たちのために、親自身のケアの必要性を力説する。家庭や学校ですぐに実践できる対処法は、第3部の「ADHDの子供との毎日」に詳しい。的確な対処によって、問題をかかえる子どもたちの健康的な発育を促すこともできるのだ。 日本版刊行にあたり、ADHD関係者の支援団体代表者へのインタビューを加え、日本の現状をより詳しく解説している。アメリカで使われている薬が、日本では認可されていないという例もあり、治療や対処法を議論するだけでなく、行政への理解を求める必要もあるようだ。 巻末では、日本国内でADHDの治療を実践している医療機関、支援団体、教育関係の相談窓口の連絡先や参考文献も紹介。ADHDの子どもとかかわる人たちの役に立ちたい、と願う著者や編者の気配りが随所に見られる。(齋藤聡海)

タイトルどおり!
 私は息子(8歳)の相談に行った病院の先生から勧められたのですが、タイトルどおりいろんなことが網羅されていて、すごく役立ちました。一番ありがたいのは具体的な対処法が例を挙げて書かれている点です。確かにアメリカでのことを主体に書いてあるので、日本にそのまま当てはめられない点も少しありますし、翻訳本ならではの難しい表現や、まわりくどい文体に読むのがしんどいときもありましたが、ADHDで困っている方にとってはバイブルとなる本だと思います。

症状と対処方法が詳しい
子供のADHDについてかなり詳しく書かれており、真面目な本だと思います。特にADHDは何よりも「将来を予測できない」のが特徴と書かれていて本当にそうだなと思います。また、後の大きな褒美よりも目先の小さな褒美につられるなんてのもうなずけた点でした。ただ対処方法はアメリカが基盤なのでそのまま日本で当てはまるわけではないのでちょっとそこは不満になるかも。ただ、子供がちょっとおかしいと思ったら一読進めます。ADHDの子供を持つ親の会のホームページの情報も巻末に出ていたり、病院のリストがあるので大いに参考になると思います。

とらえ方が変わる本
多動と注意欠陥が大きく取り上げられるADHDだが、本書ではADHDの新しいとらえ方を指示してくれる。「我慢する能力」に注目した本書はADHDを身近におく人たちは一度目を通すべきであると思う。

バークレー先生のADHDのすべての詳細を見る

 <  前の記事 福田恆存評論集 第8卷 (8)  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22517

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。