Top >  教育関連読本 >  親と教師にとって、すごく大切なこと

親と教師にとって、すごく大切なこと

親と教師にとって、すごく大切なこと
ロン・クラーク
親と教師にとって、すごく大切なこと
定価: ¥ 1,470
販売価格: ¥ 1,470
人気ランキング: 7389位
おすすめ度:
発売日: 2005-02-26
発売元: 草思社
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
親と教師にとって、すごく大切なことの詳細を見る

最近、風呂場ん中で読書をするというのにハマっている。
湿気で本がフニャフニャになるのだが、ま、あまり気にしないことにしている。

昨日から「親と教師にとって、すごく大切なこと」を読み始めた。正直、私は後悔している。
こんな良い本を風呂場とかで読むのは罰当たりだという気がしている。

親と教師にとって、すごく大切なことの中にでてくる、ある言葉は私を幼少の時分へとタイムトリップさせてくれる。

誰の心の中にもある風景。「親と教師にとって、すごく大切なこと」の中にはそれがあるような気がする。とりあえず表紙がフニャフニャになってしまったので、もう一冊買うかも知れない。

1つでも2つでも取り入れて実践してみたくなる!
まず、著者ロン・クラーク氏の様々な言葉からにじみ出てくる人間性の素晴らしさに心打たれます。
そして、どの実践例からも同じクラスで一緒に体験しているような喜びやクラーク先生に褒められているのは自分であるかのような嬉しささえ感じられる本なのです。
子どものやる気を引き出す、隠れている能力を見出す、敬意と感謝の気持ちを持たせる、どれもがとても具体的に失敗談も交えながら語られ、実際の現場に1つでも2つでも取り入れて実践してみたい、という意欲が沸いてきます。
アメリカでは、日本ほど教師という職業が経済面で評価されていないようです。にも関わらず、氏はユーモアとアイディアと愛をもって教育に熱意を注ぎ続けます。見習わなくてはいけない、という気持ちにもさせてくれます。

著者の、エネルギーが伝わってくる本です
前作を読んでから、どんな人だろうと思っていたら、
たまたまTVでインタビューを見る機会があって、
自分の想像と違い、『つまらなそうな人』だったので
なんだかガックリしてしまっていたのですが
この本を読んで、そんな思いは全く覆されてしまいました。
とにかく、楽しい。
もちろん、アメリカという風土もあるのでしょうが、
こういう先生に出会ったら最後、一生忘れる事はないくらい
すばらしい経験ができるだろうなと羨ましく思いました。
読んでいて涙が出てきてしまいました。

熱い教師ですね。
著者ロン・クラーク氏は全米最優秀教師に選ばれた小学校の教師です。
この本は、クラーク氏の失敗談や成功例の実践録であり、
子供を導く大人に必要な11の資質が挙げられています。
熱意、冒険、創意、反省、バランス、思いやり、自信、ユーモア、常識、感謝、回復力
の11個です。
熱意の章から気に入った一文を紹介します。
「子どもたちにやる気を出させる方法は数々あるが、ただ自分(大人)が熱中するという以上に効果的なものはない。」
同感です。
しかし、うまくやらないと空回りしてしまうし、熱中しすぎると燃え尽きてしまう。
そのことに対する対策も、クラーク氏の経験を通して書いてあります。
お薦めです。

親と教師にとって、すごく大切なことの詳細を見る

 <  前の記事 教育再生への挑戦―市民の共汗で進める京都市の軌跡  |  トップページ  |  次の記事 ORACLE MASTER Bronze DBA10g 模擬問題集 改訂版  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22497

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。