Top >  教育関連読本 >  もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)
荒川 洋平
もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)
定価: ¥ 1,260
販売価格: ¥ 1,260
人気ランキング: 9981位
おすすめ度:
発売日: 2004-05
発売元: スリーエーネットワーク
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)の詳細を見る

しっかし、なんでこうウチの会社の社長はバカなのかね~~(-_-メ)。
あーゆう人間に下で働いてるのかと思うと自分の人生に意味を見いだす気も起こらなくなるね。

ま、こーゆう時は、荒川 洋平の本を読んで、心を落ち着けるに限るね。
今は「もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)」というのを読んでるとこなんだけど、ちょうど今の自分と同じような境遇のヤツが出てきて、なんだかシンパシーを覚えるね。

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)・・・なんっつうタイトルなんで、最初は(個人的には)「あんま、パッとしないかな」とか思ってたんだけど、これ全然スゴイ!
もう、スイマセンでした!!!!って感じだね。もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー) サイコーっす。

面白くてためになる本
この本は、「外国人に日本語を教える」際に、何が必要となり、何に気をつければいいのかを、読ませる内容でわかりやすく教えてくれる。前半では、「いきなり先生」となった3人のケースが語られるが、小説を読むようにすらすらと読むことができる。その後、3人の良い点、悪い点が説明されるので、自然と日本語教育についての理解が深まることになる。また、挿絵も楽しく、まとまりのある本だと思う。

著者のスピリットの若々しさと誠実さのようなものが印象に残る良書

 外国人に対する日本語教育に何らかの関心をもっている人を対象に、「日本語を教える」とはどういうことなのかを易しく解説した、読み物風の1冊。

 何と言うか、熱い本。「日本語教育」という世界を見つめる著者のまなざしの熱さが伝わってくるように感じた。

 前半と後半でやや雰囲気が異なる。前半の第一章・第二章では、日本語を教えた経験のない3人の登場人物が、それぞれ自力で授業の準備をし、90分の個人授業を終えるまでを紙上中継しながら、「そもそも外国語としての日本語を教えるとはどういうことか」「言語としての日本語の特徴が教え方にどうあらわれるか」「教えるにあたって何を考慮しなければならないのか」等を明らかにしていく。「外国人に日本語を教える」ということは要するに何をすることなのか、非常に明確なイメージがつかめると思う。また、既に日本語を教えている人にとっても、授業を改善するためのヒントがギッシリ詰まっていると思う。

 第三章は、言わば「理論編」。3人の奮闘振りを見直し、論点を整理する。また、教授法等についても簡単にだが触れられている。最後の第四章では、「職業としての日本語教師」について述べられている。この部分が思いのほか熱かった。

 私自身は日本語教育にそれほど興味をもっていない者だが、それでも充分面白く読んだ。特に前半の二章は小説仕立てで、読み物としても面白く一気に読んでしまった。1冊の本として考えても、著者のスピリットの若々しさと誠実さのようなものが印象に残る、良書だと思う。


外国人に日本語を教えるケーススタディがリアル!
いきなり自分の家の隣の外国人に「日本語を教えて欲しい」といわれたら・・・。日本語を教えることに少し興味があるけど、実際に教えるとなると何が必要なんだろう?と迷ったら・・・。本書は日本人が外国人に日本語を教えるノウハウのそんな「はじめの一歩」に応えてくれる、分かりやすくて臨場感溢れる良著。前半は外国人に日本語を教える3名のケーススタディが書いてあり、リアル。ノウハウ本ということにとどまらず、後半は語学の習得方法の歴史や、日本語を教えるときに役立つ書籍など、詳しく書いてあるのは、東京外国語大学で認知言語学を教える著者の本分からであろう。日本語を教えるということに普段興味がない人でも、楽しみながら読める内容だ。

もしも…あなたが外国人に「日本語を教える」としたら (クロスカルチャーライブラリー)の詳細を見る

 <  前の記事 子どもと学校 (岩波新書)  |  トップページ  |  次の記事 歴史能力検定3級世界史過去問集 解答・解説  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22503

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。