Top >  教育関連読本 >  国語教科書の思想 (ちくま新書)

国語教科書の思想 (ちくま新書)

国語教科書の思想 (ちくま新書)
石原 千秋
国語教科書の思想 (ちくま新書)
定価: ¥ 714
販売価格: ¥ 714
人気ランキング: 26197位
おすすめ度:
発売日: 2005-10-04
発売元: 筑摩書房
発送可能時期: 通常24時間以内に発送
国語教科書の思想 (ちくま新書)の詳細を見る

国語教科書の思想 (ちくま新書)はわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
国語教科書の思想 (ちくま新書)はこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

国語教科書の思想 (ちくま新書)は読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないので国語教科書の思想 (ちくま新書)のような本が合うのではないでしょうか?

国語教科書の思想 (ちくま新書)を読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

国語教科書の思想 (ちくま新書)は自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、国語教科書の思想 (ちくま新書)を私はオススメします。あなたの生活に国語教科書の思想 (ちくま新書)はきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

スタイリッシュな著者の熱い一冊
 テーマは「教科書は子ども達をどこに連れて行こうとしているのか?」。石原氏の「国語」関係新書の中では、最も「熱い」一冊ではないでしょうか? 
 そこで、思い立って大学のゼミの教科書に使わせて頂きました。章ごとに読み、ディスカッション。有り難いことは、本書を糸口にポストモダン思想の入門的説明もできることです。また、本書が扱っている小学校教科書、その市販問題集などとも、実際に付き合わせて読んでみました。いくつか「読み過ぎ」の箇所も感じられますが、「テクスト論」の冒険的実例であり、おそらく著者の意図によるものなのでしょう。
 最後にぶちあげている『心のノート』批判ですが、本書が言う「権利と義務についてのいかがわしい一文」が出ているのは、著者は『心のノート小学5・6年』とされていますが、正しくは『心のノート中学1・2・3年』でした。それはそれとして、『心のノート』と『心のノート 活用のために』を実際に購入して検証したところ、著者以上の怒りがこみ上げました。皆様にもお勧めします。

国語教育とはすなわち道徳のイデオロギー装置
小学校以来思っていた、国語教育における「いい子」的願望に対する嫌悪を、筆者がずばずば言ってくれるので、読んでいて楽しかった。
ただ、論理的かというとそこまで論理的ではない。どちらかというとエッセーか。

ただ、一つ納得できないのは、筆者はコンサバ(保守的)な教科書を批判したあとで、どちらかというとラディカルな教科書を取り上げて、どちらかというとそれを評価している。
だが、ラディカルなものも、それが広まってしまえば結局コンサバ的な押しつけに化してしまうと思う。
ラディカルだろうがコンサバだろうが、思想の押し付けはいやだな。ただ減点するほどのことでもない。

教科書批判を行なう本書自体も批判的に読めてしまうところが面白い
目次を見ればわかるように、本書は3章構成で論じられている。1章では「読解力」低下問題の表と裏を明らかにし、2章と3章ではそれぞれ小学校と中学校の教科書の教科書分析を行なっている。本書を通じて著者が主張するのは次の2点である。
1.日本の国語教育はイコール道徳教育であるということ
2.国語教育に「批評」という高度な精神活動を導入すべきであるということ
2章、3章の教科書批判では著者の批判の手厳しさに度肝を抜かれるが、1章では冷静な議論がなされているのではなかろうか。
現在の国語教育が変わらなければならないとするとそれはどのような点なのか。世界の国語教育の標準は何か。本書ですべてが解決されるわけではないが、よりよい国語教育を考える一つの視点となるだろう。本書を読むべきは大学生あたりであろうか。いや、中学生や高校生が読んで自分たちが受けている国語教育と照らし合わせてみても面白いだろう。メタ国語力とでも言うべき批判力が身につくかもしれない。

国語教科書の思想 (ちくま新書)の詳細を見る

 <  前の記事 これから論文を書く若者のために 大改訂増補版  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://minami.80code.com/mt/mt-tb.cgi/22511

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「教育ローンをご利用の前に・・・関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。